FANDOM


Couple S Twin Olde 1r

MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_00 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> <_____MYNAME_____>ー!


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_01 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> <_____MYNAME_____>! いたのね、よかったワ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_02 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> バッチャが、今から うちを見に来たいって 言ってるのヨ。 <PAGE> 来てもかまわないデショ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_03 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> それでネ… <PAGE> たぶん、バッチャは アタシがちゃんと妻をやれてるか 見に来るんだと思うノ。 <PAGE> <FACE_LAUGH>だから、アタシとしては 立派にちゃんとやってるところを 見せなきゃって思ってるワケ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>アンタもそう思わナイ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_04 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> そう、良かったワ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>…それなら、アンタも 準備手伝ってくれるわネ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_05 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> さっそく、もてなしのための 料理を作るわヨ。 <PAGE> 食材切ったりするの 手伝ってちょうだイ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_06 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> …こうしてると、なんか思い出すわネ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_07 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOSS> アンタと付き合って、 しばらく経ったころヨ。 <PAGE> すっごく辛い料理を出して、 アンタを困らせたことがあったじゃナイ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_08 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> あれから練習して、 そういう失敗もすっかりなくなったワ。 <PAGE> アタシも成長したものよネ〜。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_09 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> フフン、当然ヨ。 <PAGE> アタシは失敗をかてにして 成長する女なんだカラ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_10 <FACE_INNOWNER><POS_LEFT><FACE_NORMAL> イゥカ、<_____MYNAME_____>。 おじゃまするヨ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_11 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> バッチャが来たみたいネ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_12 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> うん、おいしいネェ。 <PAGE> イゥカ、すっかり料理が 上手になったじゃないカ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_13 <FACE_TWINOLDER><POS_LEFT><FACE_NORMAL> ふふ、 そんなにほめたって 何にも出ないわよ、バッチャ。 <PAGE> <FACE_LAUGH>でももっとほめてくれてもいいのヨ♪


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_14 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> イゥカは、昔から カンペキ主義じゃからノウ。 <PAGE> できないことを、 できるまで努力するのは イゥカのいいところじゃナ。 <PAGE> チャイだって、いつの間にやら 教えたワシより 上手にいれるようになったしノウ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_15 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> そうじゃ、久しぶりにイゥカのいれた チャイが飲みたいんじゃガ…。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_16 <FACE_TWINOLDER><POS_LEFT><FACE_LAUGH> もっちろン♪ ちょっと待ってテ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_17 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> <_____MYNAME_____>。 あの子とは、うまくやれてるかノ? <PAGE> いつぞやは、何やら アンタを試すようなマネを しとったようじゃが… <PAGE> ほれ、シゥカがイゥカのふりを しとったことがあったジャロ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_18 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> ワシは、あの子らの 育ての親じゃからノ。 当然、見てすぐにわかったガ… <PAGE> <FACE_SAD>あのときは、アンタが 腹を立てちまうんじゃないかと ハラハラしたもんジャ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>アンタが心の広い男で 本当によかったヨ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_19 <FACE_INNOWNER><POS_RIGHT><FACE_SAD> …にしても… イゥカは、何をやっとるんジャ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_20 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_SAD> あ、<_____MYNAME_____>…。 <PAGE> …実は、 チャイに使うスパイスがなくテ。 <PAGE> <FACE_LOSS>そういえば、切らしてるんだったワ。 シゥカにたのんで 作ってもらわないといけなかったノニ…。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_21 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOSS> な、なんでそれをアンタが 持ってるノ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_22 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> 切らしてたみたいだったから、 シゥカにもらっておいた、ですっテ?


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_23 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> アンタって… <PAGE> <FACE_LAUGH>アンタって、本当に最高だワ! <PAGE> さっすがアタシの夫ネ!


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_24 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> これさえあれば、チャイをいれられるワ! <PAGE> <FACE_NORMAL>すぐに作るから、 バッチャの相手をしててヨ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_25 <FACE_INNOWNER><POS_LEFT><FACE_LAUGH> イゥカ、相変わらず 絶品のチャイだったヨ。 アリンガ。 <PAGE> それに、料理もとても おいしかっタ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>ちゃんと家事をやっとるようで、 なによりジャ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_26 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> ふふ、当然ヨ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_27 <FACE_INNOWNER><POS_LEFT><FACE_NORMAL> のう、<_____MYNAME_____>。 <PAGE> ワシはさっき、イゥカを カンペキ主義じゃと言ったがノ。 <PAGE> アンタらを見ていて、わかったヨ。 <PAGE> <FACE_LAUGH>…本当にカンペキなのは、 二人のキズナなんじゃナァ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_28 <FACE_INNOWNER><POS_LEFT><FACE_NORMAL> おてんばな子じゃが、 これからもイゥカのことを フォローしてやっておくレ。 <PAGE> <FACE_LAUGH>ほっほっ、それじゃあノ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_29 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> やっぱりバッチャには かなわないわネ。 <PAGE> <FACE_LOSS>なんか、なんでも お見通しってカンジ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_30 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> …でも、今日はたしかに アンタに助けられたワ。 <PAGE> …アリンガ、<_____MYNAME_____>。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_31 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOSS> …なにヨ。 <PAGE> そんなにびっくりするコト? …アタシだって、正直に 自分の非を認めることくらいあるわヨ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_32 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOSS> そ…その、やさしーい目で見るの やめてよネ…。 <PAGE> なんかこう…いたたまれないワ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_33 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOSS> …モウ。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_34 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_SAD> アンタくらいストレートな人間相手じゃ、 意地はってるこっちが バカみたいに思えてくるワ…。


MES_EV_COUPLE_S_TWINYOUNGER_1_35 <FACE_TWINOLDER><POS_RIGHT><FACE_LOVE> きっと、アタシはこれからも… <PAGE> アンタにフォローされたり、 ほんろうされたりしながら 暮らしていくんでしょうネ。 <PAGE> …でも、ソレも悪くないワ。 アンタも、そう思うデショ?

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.